U-12リーグ前期






今年度から始まった「U-12リーグ」の前期日程が終了しました。

前期を振り返ると、開幕戦の城東フェニックス戦では、後半アデイショナルタイムのスーパーゴールで勝ち点3を獲得するという幸先の良いスタートでした。
その後は3試合連続で引き分け、「負けなかったけど勝ちきれなかった」という試合が続きました。

負けなしで迎えた首位入二FC戦では、前半開始早々からチャンスを多く作り善戦しましたが、セットプレーからの2失点で初の黒星。
しかしそのままズルズルといかずに、次戦のミッキーSC戦では逆にセットプレーで得た1点を守り抜き、大会2勝目となりました。

6/14の試合では、八潮FCを相手に3-0で勝利。決めきるところでしっかりとゴールを奪う展開となり、春先からの成長を感じる一戦となりました。
しかし、順位上ライバルであった後地FCとの一戦では、後半PKを与え失点し0-2での敗戦となりました。

6/28の最終戦東一戦では、リーグ2位の実力を見せつけられ、前半で2失点。
後半は立て直しシュートがポストをたたくシーンなどチャンスを作りましたが、そのまま0-2となり、勝ち点を獲得することができませんでした。

前期リーグの結果は9試合を戦い、「3勝3敗3分け」で、獲得した勝ち点は「12」。10チーム中「6位」という結果となりました。

こうして振り返ると、「勝ちきれなかった試合」や「耐えられなかった」試合が悔やまれますが、これが今のチームの力だと思います。
この前期リーグで、真剣勝負を9試合戦えたというのは非常に価値があり、成長を感じながら、多くの課題も見えてきました。

トーナメント方式だった昨年度は、負ければ大会は終了ということだったので、4月には大会が終わり、秋の公式戦まで真剣勝負の場が無い…という状況でした。
しかし、今年度からリーグ戦になったことで、継続的に公式戦があり、子供たちも常に目標がある中で3ヶ月を過ごしてきました。

後期リーグは7月後半から始まります。
前期リーグの順位で振り分けられたリーグとなるので、実力が拮抗したチーム同士の対戦が続くことになります。

前期の試合で得た経験を生かし、後期リーグの試合をしながら成長していければと思います。



U-12リーグ前期リーグ


第1節vsFC城東フェニックス

1-0〇 得点者:ショーン


第2節vs仲六FC

0-0△


第3節vs大田クラブ

1-1△ 得点者:アキラ


第4節vs風の子

2-2△ 得点者:ロメオ2


第5節vs入二FC

0-2●


第6節vsミッキーSC

1-0〇 得点者:アキヒロ


第7節vs八潮FC

3-0〇 得点者:シュウゴ、ショーン2


第8節vs後地FC

0-2●


第9節vs東一FC

0-2●