田植え体験プログラム

5月23日(土)

スポーカル六本木SCの3-4年生は田植え体験プログラムを行いました!


スポーカル六本木SCではサッカーというスポーツを通じ心身の健全な育成を目指し日々活動しています。
また、スポーカルという名前の由来でもあるカルチャー

(自然と触れ合う、異文化に触れる、日本の文化に触れる)ことも大切にしています。

秋には収穫も行う予定で
「自分で植えた稲を、自分で収穫して、自分で食べる」
普段食卓に出てくる「食べ物」にこれまでとは違った形で触れ合うことにより

アスリートにとって必要不可欠な「食」を見つめなおし
食育にもアプローチできればと考えています!




電車を乗り継いで、最寄りの駅に到着。

そこで、選手たちが決断しなければいけないことが。


①35分バスを待ってそこから15分かけて体験会場へ向かう。

②30分歩いて体験会場へ向かう。


選手たちの話し合い…


②に決定!

理由は…

歩いたほうが体力がつく!

交通費の節約になる! などなど。

選手たちで決めたことを尊重。


会場に到着!

早速、着替えて田植え開始です。

はじめは、泥の感触に戸惑っていましたが

次第に慣れて、どんどん稲を植えていきます。


田植えの後は、ビーチフラッグスならぬ田んぼフラッグス?!


田んぼサッカーも行いました!


帰りはバスに乗り、電車ではぐっすりです。


今回は3年生と4年生の隔たりなく協力する姿も見ることができ

普段グランドではない発見も多くありました。
また、子ども達自信もいろいろな発見があったことと思います。

田んぼサッカーでの、汚れを気にせず思い切り泥の中に飛び込む姿は

たくましささえ感じられました!

秋の収穫も楽しみです!!


スポーカル六本木SC スタッフ

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。