U-12リーグ開幕


 

 

 

 

 













4月12日(日)U-12リーグが開幕しました。

昨年度までは「全日本少年サッカー大会」という名称で一発勝負のトーナメント方式でしたが

今年度からはリーグ戦方式となり、年間を通して公式戦を行えるようになりました。


どのようなスタートが切れるのか

現時点で自分たちのレベルや立ち位置はどのあたりなのか


期待と不安


開幕戦ならではの緊張を感じながら、第1節、2節を戦いました。


  

第1節

vs城東フェニックスFC

1-0 ○ [勝ち点3獲得] 得点者:ショーン

 

前半は一進一退の攻防。お互い決定機がないまま前半を終えました。

ハーフタイムは後半の戦い方の確認。

緊張や疲労感で頭の中が整理されないまま、失点をしてしまうのはよくあること。

気をつけなければいけないことを再確認し、後半戦に臨みました。

 

後半は選手交代した選手の活躍もあり、徐々にペースを掴みはじめました。

残り5分、ゴール前でのコンビネーションでシュートチャンスが増え、得点の臭いが漂う中

後半アディショナルタイムに突入。

最後のチャンスを作り出すと、ペナルティーエリア外右斜め45°の位置から浮き球をボレーシュート。

ゴール左上に吸い込まれるスーパーシュートが決まり、開幕戦を1-0で勝利しました。


 

第2節

vs仲六キッズ

0-0 △ [勝ち点1獲得]


相手の早いプレッシャーに最初は苦しみながらも、徐々にペースを掴んでいきました。

1試合目よりもボディーコンタクトの部分で戦えるようになり、球際でマイボールにする回数が多くなりました。


後半はシュートチャンスを多く作り出せるようになっていきましたが、最後の精度が足りずスコアレスドロー。

攻撃面では課題も残りましたが、守備陣は2試合通して無失点と素晴らしい活躍を見せてくれました。



2試合終わって勝ち点4獲得。

リーグ戦最初にしては良いスタートを切れたと思います。

しかし、リーグ戦の戦いは始まったばかり。

現時点での実力ではなく、ここからどれだけレベルアップできるかどうかが鍵となります。


上手くプレーできなかった悔しさ

試合に出られなかった悔しさ


こういった気持ちを持ち続けて努力すること。


この1年でチームがどのように変わっていくのかが楽しみです。

期待してください。


温かい声援、ありがとうございました。



スポーカル六本木SC 監督