港区大会1日目









4月5日。

本日からkissポート港区小学生サッカー大会が始まりました。

天候はあいにくの雨。

Cクラス(3年生の部)、Bクラス(4年生の部)は残念ながら中止となってしましまいましたが(4/12,19,5,10に順延)

Aクラス(5,6年生の部)は会場の芝給水所運動場が人工芝のため、雨が降る中開催されました。


今大会、AクラスにはU-11チーム(5年生)とU-12(6年生)チームという形で出場しました。


翌週から開幕する東京都第8ブロックU-12リーグに向けて

そして昨年の準優勝を上回る成績を目指して


チーム一丸となって試合に臨みました.


U-12

vs台場FC B 1-0○ 得点者:ショーン

ピリッとしない立ち上がりでしたが、後半8分に中央をワンタッチプレーで崩し先制。

球際の寄せ、声掛け、攻守の切り替えなど、全体的に消極的な試合になってしまいました。


vsほんむらA  3-0○ 得点者:シンノスケ、タクミ、ショーン

1試合目終了後、選手同士でミーティングを行いました。

その成果をすぐに発揮し、開始1分、4分、9分と立て続けに3得点。

その後は体力的に厳しくなると走れなくなる甘さが出ましたが

無失点に抑え、2連勝で港区大会のスタートを切りました。


U-11

vs風の子K 0-2●

相手は6年生チーム中心ということもあり、スピード、パワーに押し込まれる展開。

なんとか粘っていたが、前半11分にミドルシュートを決められ失点。

後半は攻撃的な布陣にしてゴールを目指すも、カウンターから2失点目を許し0-2で敗戦。

攻撃時に「チャレンジ」が全くできなかった試合となってしまいました。


vsキッカーズA 4-1○ 得点者:アキヒロ3 ハル

1試合目を踏まえて、「チームでボールを大事にすること」を意識して臨みました。

相手に先制点を許すが、その後相手のDFラインを突破して4得点。

相手の前線からのハイプレッシャーに対しても慌てず勇気をもってプレーできたことで

DFラインからの縦パスからチャンスを作ることができました。



両チームとも、1試合目よりも2試合目の方が、内容、結果が良いというような1日になりました。

もちろん久しぶりの試合、公式戦独特の緊張感ということもあるので、1試合目が難しいのは当たり前です。


しかし、練習でやってきたことを「チャレンジしようとしない」ことは今後の成長において大問題です。

今日の試合でチャレンジできなかった原因は

・ミスをしたくないという気持ちが強くなっていたこと

・練習でやってきたことが整理できていないこと

だったと思います。


ミスを恐れず、勇気をもってプレーすること。

頭の中を整理して試合に臨み、練習でやってきたことを試合でも発揮できるように全力を尽くすこと。


2試合目に見せた全力プレーが毎回できるかどうか。

今後勝ち抜いていくためには、練習でやってきたこと以上のパワーも必要になってきます。


できることは日々のトレーニングに一生懸命取り組むこと。

サッカーのことをたくさん考えて生活すること。


大会は続きます。頑張りましょう。



スポーカル六本木SC 監督